医療生協 コープくらしき診療所 ホームページ

医療生協 コープくらしき診療所 ホームページ

コープくらしき診療所ニュース 2019年12月号

危険な「血圧サージ゙」に要注意!

血圧は健康の重要な指標となるもの。ふだんから降圧剤を服用し血圧の数値が正常範囲の方でも、脳卒中心筋梗塞など命にかかわる病気の引き金になる場合があります。特に寒い季節は、タバコ・ストレス・トイレ・睡眠などいくつかの要因が重なって、血圧が急激に上昇する「血圧サージ」に注意して下さい。

●危険なサージは、朝起こりやすい。

血圧は、日常生活のさまざまな場面で上下していますが、起床時には健康な人でも20mmHg上昇するとされています。寒さにさらされやすい冬場の「」は要注意で、肥満、タバコを吸う、トイレでいきむ、睡眠不足、ストレス、運動負荷、塩分の多い食事などの要因が積み重なることで、血圧の急上昇がが55mmHg以上になると、脳梗塞のリスクが高まりまることも分かっていますので、朝の習慣を見直しましょう。

●実は、冬の入浴は危険!?

急激な温度差によって血圧が変動し、ショック状態を起こすことを“ヒートショック”といいます。入浴中の死亡者数は、交通事故死の3倍以上とされ、10℃以上の温度差による体の負担が心筋梗塞や脳卒中を起こす要因となるため、風呂場や脱衣場を暖かくしましょう。また、長時間熱い湯につかっていると、脱水症状になって意識を失い、転倒や浴槽内で溺れる危険があるので、入浴の前後に水分補給をしましょう。

●血管を守るために、睡眠を大切に。

睡眠中は、体を休息させる副交感神経が優位になり、血管が広がって心拍数も低下します。しかし、寝酒として大量のお酒を飲むとアルコールが交感神経を刺激し、興奮した状態となって眠りが浅くなります。また、就寝中に「睡眠時無呼吸」となり、その度に血圧が急上昇します。危険な“血圧サージ”を予防・改善するためにも、運動・減塩を心がけるとともに、睡眠の質を高めて心臓と血管を回復させましょう。

© COOP Kurashiki Clinic 2009- 当ホームページ掲載の記事、画像、イラスト等の無断転載を禁止します。