医療生協 コープくらしき診療所 ホームページ

医療生協 コープくらしき診療所 ホームページ

コープくらしき診療所ニュース 2018年6月号

定期的に「けんしん」を受けましょう。

健康診断は、自覚症状がない人が高血圧糖尿病脂質異常症など生活習慣病や早期がんなどの隠れた病気を見つけたり、自分の健康状態を知って生活習慣病を予防するために行われます。
 6月から倉敷市けんしんが始まりますので、危険なサインを見逃さないように定期的に受けましょう。 ※10月以降は混み合いますので、ご予約はお早めに。

●メタボリックシンドロームと特定健診

偏った食事、栄養過剰、運動不足、睡眠不足、喫煙・過度の飲酒により内臓脂肪が蓄積し、生活習慣病を発症します。とくに自覚症状がみられないことが多く、健康診断を受けて発見されることが多くなります。40歳を過ぎたら年に1度は特定健診を必ず受けて下さい。

●「歯周病」「がん検診」で早期発見

女性のがん死亡原因の中で「大腸がん」は第1位となっていますが、この検査を受ける女性はわずか2割程度。大腸(直腸)がんの5年生存率は、早期ならほぼ100%との報告もります。40代から急増し、ゆっくり進行しますので、定期的な検査で自分の体を守るという自覚を持ちましょう。『2日間の採便』でがん発見の確率が高まります。
 歯周病も生活習慣病の1つとされており、進行すると歯を失う原因になります。けんしんガイド受診券を確認し積極的に活用しましょう。

●検診は受けた後が大事です!

検診の結果は過去の結果と比較できるようにし、毎年の経年変化を知って、病気を予防するための健康管理に役立てることができます。検査結果で「要精査」と判断された人は、追加検査や精密検査を必ず受けましょう。また、「軽度異常」「経過観察」の人は、食生活や日常活動などの生活習慣を見直し、気になる症状がある方はかかりつけの医師にも見てもらい、指導やアドバイスを受けて実行しましょう。

© COOP Kurashiki Clinic 2009- 当ホームページ掲載の記事、画像、イラスト等の無断転載を禁止します。