医療生協 コープくらしき診療所 ホームページ

医療生協 コープくらしき診療所 ホームページ

コープくらしき診療所ニュース 2015年8月号

夏のスキンケア

夏は汗の影響で皮膚が悪化しやすい季節です。汗をかいたらそのまま放置せず、スキンケアをこまめにするのがコツです。

@プール(塩素対策)

プールが終わったら、できるだけ早く通常のスキンケアを行いましょう。

A海水浴(塩水対策)

海水がついたままで肌を乾燥させることは、皮膚バリアを壊す可能性があります。
海から上がるたびに、すぐに真水で洗ってください。近くに水道がないところでは、あらかじめペットボトルなどに水道水を入れて準備しておくと便利です。
海水浴が終わったら、できるだけ早く通常のスキンケアを行いましょう。

B日焼け

日焼けによりアトピー性皮膚炎が悪化することがあるため、長い時間、紫外線を浴びる時には日焼け止めを塗る、帽子を被るなどの対策をしましょう。 ただし、日焼け止めはかぶれることがないかを確かめてから使用しましょう。 プールや海では、日差しの強い時間に泳ぐのを避けたり、パラソルなどの日よけ対策もしましょう。

C虫よけスプレー

虫よけスプレーは、かぶれることがないかを確かめてから使用しましょう。肌に合わない場合は、衣服に貼るシールタイプのものや、長袖長ズボンがおすすめです。

通常のスキンケアとは?

・よく泡立てた石けんで、もむように洗いましょう。
 石けんは、泡立てネットや容器で十分に泡立ててから使いましょう。
・しわのあるところは伸ばして丁寧に洗いましょう。
 (耳のうしろ、脇、肘関節、手首、指、股関節、膝裏、足首など)
・手でもむように洗いましょう。
 (スポンジや化学線維ではなく、素手で「もむように」洗うと効果的です。)
・目の周りも石けんを使って洗いましょう。
・よくすすぎましょう。
・こすらないように、軽く皮膚を押さえるように水分を抑えて拭き取りましょ
 う。

お知らせ

お盆休みはありません。カレンダー通りの診療となります。

8月13日(木)、9月17日(木)の高山医師の外来は休診になります。
よろしくお願いします

© COOP Kurashiki Clinic 2009- 当ホームページ掲載の記事、画像、イラスト等の無断転載を禁止します。