医療生協 コープくらしき診療所 ホームページ

医療生協 コープくらしき診療所 ホームページ

コープくらしき診療所ニュース 2015年4月号

花粉症について

4月です。新年度の始まりです。春です。花粉症の季節です。
日本人の約25%が花粉症だとか今更ながらかもしれませんが、少しお話を。

季節性アレルギー鼻炎通年性アレルギー性鼻炎の2種類があります。
季節性が花粉症です。原因となる花粉が飛ぶ季節にだけ症状があります。
日本では、約60種類の植物が花粉症を引き起こすそうです。
よく耳にするのは、スギ、ヒノキですね。
通年性の原因は、年中アレルゲンがあるダニ、ハウスダストです。

どんな症状がでるのでしょうか?

  • 目の三大症状
    1. @目のかゆみ→目や瞼に炎症が起きてかゆみが生じます。強くかいたり、こすったりすると結膜や角膜を傷つけたりするので気をつけましょう。
    2. A充血→目の表面に花粉がつくことで結膜炎を起こしている状態。白目の血管が拡張して赤くみえます。
    3. B涙が出る→花粉が目に入るとアレルギー反応によりかゆみとともに涙が出ます。目に入った花粉の多くは涙により洗い流されます。
    4. 他にも目が腫れぼったい、目やにが出る、目がころころするなど

  • 鼻の三大症状
    1. @くしゃみ→ほとんどの人が悩まされる症状で、鼻の粘膜についた花粉を除こうとするために生じます。連続して起こり、回数も多いのが特徴です。
    2. A鼻水→くしゃみと同様、鼻の粘膜についた花粉を除こうとするために生じます。風邪の鼻水のようにねっとりとしてなくて涙と成分がほとんど同じで無色で粘り気がなくサラサラしているのが特徴です。
    3. B鼻づまり→鼻から入った空気がのどへ流れていくのですが、その通りの粘膜が腫れると空気が通れなくなり鼻づまりとなります。

治療は?

症状が悪化すると薬が効きづらくなります。軽いうちに対処しておくと、花粉の飛散量が多くなった時期でも症状をコントロールしやすくそのシーズンの症状を軽くすることができます。
特に、毎年症状がある方は、早めに医療機関を受診してお薬を処方してもらいましょう。
点眼薬、点鼻薬、飲み薬などの薬物療法は、当院でできます。
鼻の粘膜をレーザーで手術する方法等もありますが、こちらは耳鼻科の先生に診てもらいましょう。

改善しました。

駐車場の外灯をLEDに変えました!

夜の診療にお越しの方はお気づきかと思いますが、明るくなりました。

診療所前のカーブミラーを更新しました!

鏡面が曇って見えづらくなっていましたが、径も大きくしピカピカの鏡面にリニューアルしました。

他にもご不便な点等ありましたら、職員にお声かけください。
改善できるところから、取り組んでいきます。

© COOP Kurashiki Clinic 2009- 当ホームページ掲載の記事、画像、イラスト等の無断転載を禁止します。