医療生協 コープくらしき診療所 ホームページ

医療生協 コープくらしき診療所 ホームページ

コープくらしき診療所ニュース 2021年8月号

水分補給でコロナ禍の「熱中症」対策

私たちの体は、体重の約60%が水分と塩分が混ざった体液で出来ています。身体に必要な体液が減った状態を脱水症と呼び、そこに暑さが加わると熱中症になります。今年も猛暑が予想されていますが、熱中症患者のおよそ半数は高齢者です。コロナ禍で医療がひっ迫する今、熱中症対策はとても大切となっています。

●汗をかく

まずは、身体を暑さに慣らすことで、体内から熱を放出し、汗がかけるようになります。たとえば、朝のウォーキングや体操など適度な運動をして汗をかくと、体温のコントロール機能も高まります。夏は天気予報やスマホで熱中症情報を見ることも大切です。昼間の暑い時間帯は、外出も運動もなるべく控えたほうがいいと思います。外出時は涼しい服装で帽子日傘など準備し、最近見かける携帯扇風機も役に立ちます。

●水分補給をする

マスクをしていると、のどの渇きを感じにくいので、「かくれ脱水」になる可能性があります。屋外では、10分ほどの間隔でマスクを外すと良いでしょう。また、1日1.5リットルを目安に、6〜8回に分けて水分補給することが大切です。もしも熱中症になった場合は、タオルなどで首・脇の下を冷やして、経口補水液を飲むと改善効果が期待できます。外出時には、塩あめゼリー飲料を携帯しておくと便利です。

●8月の内科・小児科の診療について

  8/11 8/12 8/13 8/14 8/16 8/17
曜日
午前 中尾
中尾
小児科休診
中尾 休診 中尾 中尾
午後 中尾 休診 往診 休診 中尾 休診

8月31日(火)は夏季休暇のため、休診いたします。

© COOP Kurashiki Clinic 2009- 当ホームページ掲載の記事、画像、イラスト等の無断転載を禁止します。