医療生協 コープくらしき診療所 ホームページ

医療生協 コープくらしき診療所 ホームページ

コープくらしき診療所ニュース 2021年5月号

新型コロナ“ワクチン接種”のお知らせ

新型コロナウイルスに対するワクチンの接種が始まり、倉敷市では4月26日から高齢者(65歳以上)の接種券が郵送されます。接種は予約制で、かかりつけの医療機関での個別接種と、くらしき健康福祉プラザでの集団接種が予定されてます。くらしき診療所では、当院をかかりつけとする患者のみ接種を行います。

●ワクチン接種の効果

現在、日本で承認されているファイザー社製ワクチンは、臨床試験で2回の接種により発熱やせきなどの発症者が95%減り有効性が確認されています。ワクチンの効果を十分得るため、通常3週間空けて2回目を受ける必要があります。予約受付は5月10日(月)から、接種する日時や医療機関などを、インターネット又は専用コールセンターから予約できます。詳細は倉敷市の広報や接種券に同封の案内を参照して下さい。倉敷市新型コロナワクチン専用コールセンター☎050−3644−8777

●ワクチンの副作用

一般的にワクチン接種後には、ワクチンが免疫をつける反応を起こすため、注射した部分の痛み、発熱、倦怠感などの「副反応」が生じる可能性があります。また、まれに起こる重大な副作用として、ショックやアナフラキシーがあります。ワクチン接種を受けた後は15〜30分経過をみて、医療従事者が必要な対応を行います。体調に異常を感じたり気になる症状がある場合は、接種医やかかりつけ医に相談しましょう。

●感染防止の基本

ワクチンは新型コロナウイルス感染症の発症を予防する効果や、重症化予防集団免疫の効果があるとされていますが、ワクチンの接種で十分な免疫ができるのは、2回目の接種を受けてから7日程度と考えてください。試験の報告では、2回目接種後、約2ヵ月までの有効性は確認されていますが、ワクチン接種後も基本的な感染予防対策(マスク着用、密集、密接及び密閉の回避、手洗いや咳エチケット等)が必要です。

© COOP Kurashiki Clinic 2009- 当ホームページ掲載の記事、画像、イラスト等の無断転載を禁止します。